高齢出産 サプリ

高齢出産サプリ※人気おすすめ徹底比較

妊娠中や妊活中の女性に欠かせないとされる葉酸は、厚生労働省が摂取を推奨するようになって数々のメーカーからサプリメントが出回るようになりました。

 

どれも一日に必要な葉酸400ugの含有量は満たしているものの、大切なのは含有量のみではありません。

 

ここでは、葉酸の含有量をクリアしたサプリメントの中でも、さらなる嬉しい機能が加わっている葉酸サプリメントを人気ランキング順に紹介します。

 

葉酸サプリ選びの参考に、チェックしてみてください。

オーガニックレーベルの葉酸

103種類もの天然原料を100%無添加配合した葉酸サプリが、オーガニックレーベルの葉酸です。

今なら、送料500円分で約1か月分が実質無料なのも見逃せません。
天然原料の葉酸サプリは、実は希少。
NASAも完全食と認めるキヌアのスプラウトや美容成分も入って、女性向きのサプリメントに仕上がっている点が第1位の理由。
高麗人参やマカ、ローヤルゼリー、ザクロ、ルイボスなど、こんなに高価な美容成分揃いなのに赤ちゃんのためにも安心のサプリなのが嬉しいですね。

 

▼オーガニックレーベル 葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

オーガニックレーベル 葉酸サプリ

 

 

ミトコア300mg

妊活サプリとしてポピュラーになってきた葉酸サプリが人気を増す中、人間本来の機能が低下するのを食い止めようとミトコンドリア活性化に着目して開発されたのが、ミトコア300mgです。

男女ともに機能改善を目指せるサプリで、妊活をご夫婦で頑張れるのもメリット。
山芋由来のジオスゲニン配糖体と吸収率の高いアグリゴン型イソフラボンが配合されて、相乗作用にも期待できます。
ジオスゲニン配糖体は、ホルモン治療に使われる医薬成分に構造が似ているとされ、妊活に励んでいるご夫婦なら見逃せないでしょう。

 

▼ミトコアの公式サイトはこちら▼

ミトコア

 

ベルタ葉酸サプリ

ビタミンとミネラルが27種類、鉄分にカルシウム、野菜18種類と美容成分が6種類配合されているのが、ベルタ葉酸サプリです。

ここまで充実した栄養成分が1つのサプリでとれると、妊活や妊娠中だけでなく、女性としていつまでもおつきあいしたくもなるというもの。
現役ママや妊娠中の女性が開発に加わっているからこそ、ほしい要素がぎゅっと詰め込まれたサプリになっているのです。
定期便は、通常より3,000円割引の3,980円
手に届きやすい価格なのに、今話題のプラセンタやツバメの巣、黒酢、ヒアルロン酸、コラーゲンなどまで配合されているのは驚きです。

 

▼ベルタ葉酸サプリの公式サイトはこちら▼

ベルタ葉酸サプリ

 

美的ヌーボ

タレントの東尾理子さんや中村江里子さんも長年愛用している葉酸サプリが、美的ヌーボ。

27種類のビタミンやミネラルを含んだ葉酸サプリとして先駆け的な存在ですが、このたび新しく登場したのがDHA&EPA入りの美的ヌーボプレミアム
魚離れが進んで健康に問題が出やすくなった日本人にとって、赤ちゃんの頃からDHA&EPAを補給できるのは大切なことです。
美的ヌーボの毎月お届けコースは通常より20%オフの6,048円、美的ヌーボプレミアムは6,912円で購入できます。

 

パティ葉酸サプリ

100%食品由来、13種類の無農薬野菜とビタミン・ミネラルを15種類配合しているのが、パティ葉酸サプリ。

赤ちゃんがお腹にいるときから安心の栄養を与えたいという女性に、人気です。
定期便なら、通常より30%オフの3,780円になるのがお得なサービス。
妊娠中に不足しやすい鉄分やカルシウムまで補給できるので、充実した栄養成分に経済的な価格というバランスの良さが支持されているのです。
もちろん、余計な添加物は一切加えられていないので安心です。


高齢出産のリスク回避への注意点

高齢出産を考えているならリスクを軽減する注意点が必要です。
流産や先天異常、体力的な問題……

 

高齢出産には様々なリスクがあります。

 

そのリスクを少しでも軽減するために注意点を紹介していきます。

 

栄養バランスのいい食生活

バランスのいい食事をする事。
これは高齢出産に限らず、妊娠中の女性全般に言えることです。

 

バランスのいい食事をすることで、高齢出産で発症する事が多い『妊娠高血圧諸侯群』などを回避する確率が上がります。
また、妊娠中の食事や胎児や母乳にも大きな影響を与えます。
塩分は控えめにして、青魚や野菜など栄養価の高い食事を心がけましょう。

 

毎日体重を測りましょう

高齢出産に限らず、妊娠中の女性は毎日体重を測ることをおすすめします。
これは自分できる簡単な健康チェックです。

 

妊娠中は胎児の成長とともに、母体の体重も増えます。
ある一定の範囲を超えると、その体重は正常とは言えなくなります。
1週間に500g以上の体重増加がある場合は、きちんと担当医に相談してみましょう。
高齢出産では、この事前相談が重要になります。

 

安静にするべきか

高齢出産だとリスクを回避するために、動かずに安静にしている人が多いです。
しかし、安静にしすぎるのも問題です。

 

医師から安静にしているように指示されているなら別ですが、適度な運動は妊娠にも良い効果が期待できます。
マタニティー用の体操や水泳などを行って、身体を動かすのは高齢出産にもいいことなのです。

 


高齢出産の分娩

女性の社会進出によって、35歳以上で妊娠・出産する女性が増えてきました。

 

そんな高齢出産の女性は難産というイメージがありますが、本当なのでしょうか?

 

今回は高齢出産の分娩について紹介します。

 

本当に高齢出産は難産なのか

高齢になればなるほど、難産になる。
そんな噂があります。

 

たしかに高齢になると、産道は硬くなり、骨盤も開きにくくなります。
そのため分娩に時間が掛かり、出血が多くなる可能性があります。

 

しかし、高齢であってもきちんと体重管理をして、適度な運動をして体力づくりをすれば安産になる場合があります。
逆に若くても、人によっては難産になることもあります。
あくまで個人差や妊娠中の準備中に何を行っていたかが重要になります。

 

帝王切開への不安

高齢出産はリスクが高く、帝王切開を選択する人も多いです。
帝王切開とは自然分娩するのが難しい場合に、医師が判断して選択される出産方法です。

 

子宮を切断し、直接赤ちゃんを取り出します。
帝王切開は生んだ感覚がないから……選択したくない高齢出産者もいますが、そんなことはありません。
下半身麻酔であれば、しっかりと自分が生んだ赤ちゃんの産声を聞くことができます。

 

また、若い人でも帝王切開をする人も10人に1人の割合でいます。
高齢出産だから帝王切開と決めるのではなく、若い人も行っている一般的な出産方法だと考えておきましょう。

 

担当医に相談してみるのもいいですが、妊娠中に心配しすぎる必要もないでしょう。

 


更新履歴