高齢出産 サプリ

高齢出産のリスク

高齢出産にはリスクがありますが、全ての高齢出産者がリスクを負うわけではありません。
しかし、リスクについて考えておくことは非常に重要になります。
そんな高齢出産のリスクについて考えてみましょう。

 

■本当に高齢出産はリスクがあるのか
一般的に高齢出産は高いリスクがある。
高齢出産を考えているなら、そう聞いたこともあるでしょう。

 

しかし、一概に高齢出産が危険とは言えません。
20代で出産してもトラブルが起きる場合もあれば、40代以降で妊娠・出産してもまったく問題がない人もいるからです。
油断は禁物ですが、全ての高齢出産にリスクがわるわけでもないのです。

 

■高齢出産時の流産リスク
高齢出産には流産のリスクがあります。
これは若い女性に比べて、どうしても高くなってしまいます。

 

高齢出産の流産リスクの原因として、卵子の老化、または胎児の先天異常が原因です。
流産は悲しい事ですが、100パーセント予防することはできません。
高齢出産を考えるなら、しっかりと流産のリスクを考えておきましょう。

 

■高齢出産時の先天異常
35歳以上の妊娠になると、胎児の先天異常の発症率が高まります。
若いから安心していいというワケでもありませんが、高齢出産を考えているなら注意が必要です。

 

先天異常の中でも染色体異常の1つであるダウン症の発症は、35歳以上になると自然と高くなります。
出生前診断を受けるか悩んでしまう高齢出産者もいますが、よく考えて担当医に相談しましょう。