高齢出産 サプリ

高齢出産の定義

ニュースなどで話題になっている高齢出産。
社会の変化によって、高齢出産をする女性が増えています。
そんな高齢出産について紹介していきます。

 

■高齢出産の定義
高齢出産と一口に言っても、どれくらいの年齢をいうのでしょうか。
統計学的・医学的には35歳以上で出産することを意味しています。

 

35歳を超えると、何か特別な意味があるのか。
とくにそういうわけではないようです。

 

ただし、高齢出産のリスクは30歳を超えると徐々に高まっていきます。
35歳までに出産しておいたほうがいい。
そんなメッセージを含めて、高齢出産の1つの定義にしているようです。

 

■日本産婦人科学会の定義
統計学的・医学的な高齢出産の定義は35歳ですが、ほかの組織ではどうなのでしょうか。
産婦人科の分野では欠かすこともできない日本産婦人科学会の高齢出産の定義を見ていきましょう。

 

日本産婦人科学会の高齢出産の定義も、同じように『35歳以上の初産』と定義しています。
ただし、昔は30歳以上としていたので、35歳以上になったのは最近のようです。
これは昔のように30歳より前に出産する人よりもそれ以上で初産を向かえる女性が増えているからでしょう。

 

■高齢出産のリスク
高齢出産の定義はほかの組織では異なるかもしれませんが、一般的には35歳以上を意識していいでしょう。
しかし、年齢が上がるにつれて初産による母体へのリスクは高くなります。
出産による喜びは、リスクを回避して体験できる事を覚えておきましょう。